幸袋こども園

子どもが主役の幸袋こども園
豊かな自然に学び、人とふれあい、生きる力を育てる

教育目標

  • 基本的な生活習慣と自立する力を育てる。
  • 健康な心と体を育て、安全な生活を作り出す力を育てる。
  • いろいろな経験を通して、豊かな感性と仲間を大切にする心を育てる。
  • 身近な環境に関わり、興味や関心を持ち、学んだことを生活に取り入れる力を育てる。
  • 感じたことや考えたことを表現し、創造性豊かにする心を育てる。
  • 科学的なものの見方、考え方を身につける力を育てる。

めざす子ども

0,1歳児『仲よく遊ぼう』

親元離れて初めての集団生活。信頼関係の中で安心して遊べる子どもたちに。

2歳児『三つ子の魂百まで』

あこがれを膨らませ、自立に向かっていく子どもたちに。

3歳児『“変身”遊びを通して』

強い心と勇気、正義感、そして思いやりを持った子どもたちに。

4歳児『みんなで助け合い、励まし合って楽しい仲間づくりをしよう』

たくさんの体験を通して心も体も成長し、友達と協力できる子どもたちに。

5歳児『命の大切さを知ろう。四季の美しさを感じる心を育てよう』

自然の中から命の尊さや感謝の心を学び、感性豊かな子どもたちに。

幸袋こども園の特色

1.食育

「命」の大切さを育むために、畑づくりをし、食物や自然、大地への感謝の心を育てる。
⇒自然に生かされていることを学ぶ

  • 梅干づくり
  • 味噌づくり
  • 四季折々の手作りおやつ
  • 粗食の日

2.体力づくり

生きる力の土台づくり

  • マラソン・乾布摩擦・自然教育
  • 朝の活動(外遊び・体操)
  • 半袖・半ズボン・裸足教育

3.地域に根差したこども園づくり

幸袋の地域性を生かす。小学校、中学校、高齢者施設との交流・提携。
⇒一貫した人間教育

4.開かれた園に

園庭の解放・・・地域の子育ての拠点に
育児相談(準備中)・・・子育て不安の解消に

施設情報

施設名 社会福祉法人 三和会 幸袋こども園
所在地 福岡県飯塚市中513番45
電話番号 0948-22-0095
代表者名 園長 村島 京子
開設年月日 2017(平成29)年4月~ 
社会福祉法人 三和会 幸袋こども園
(飯塚市立認定こども園、幸袋こども園民間譲渡)
園児数 定員150名
0歳~2歳児クラス 各1クラス、3歳~5歳児クラス 各2クラス
職員数 31名(保育教諭28名)

※2019年には新園舎の建設計画があります。

交通アクセス

施設名 社会福祉法人 三和会 幸袋こども園
所在地 〒820-0065 福岡県飯塚市中513番45
電話番号 0948-22-0095

※2019年には新園舎の建設計画があります。

新飯塚駅より車で10分

園長ご挨拶

地域に開かれた子育ての拠点
子どもの可能性を引き出す教育を

「幸袋こども園」は、民間非営利組織の社会福祉法人が運営する飯塚市初のこども園です。平成29年4月、飯塚市より経営を引き継ぎ、新たな保育方針のもと、「子どもが主役」の園づくりを行っています。
こども園とは、幼稚園と保育園を一体化した施設です。保護者の方の就労状況に関わらず、地域の子どもたちは誰でも平等に保育と教育を受けることができます。
また、子育て支援機能も備え、通園していない子どもたちや保護者の交流や、育児相談ができる場となっています。子育てに関するご相談は随時受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

当園では、子どもの無限の可能性を引き出し、優しく、たくましく、そして将来を担う子どもを育てることを目指しています。豊かな自然環境を生かし、自然の中で創造性豊かに遊び、遊びを通してさまざまなことを学びながら、知恵や行動力を身に付け、自立への基礎を培っていきたいと考えています。
また、協同の生活・活動を通して、協調性や自他を大切にし、思いやりの心を育てていきます。園内だけではなく、地域の方や高齢者ともふれあう機会を設け、人や命を大切にする心を養っていきます。

幼児期は、人としての土台を作る大切な時期です。
私たちはその重要な時期に保育・教育に関わらせていただくことに、大きな喜びと責任を感じています。
保育教諭が力を合わせて日々研鑽に励み、子どもたちが安心して過ごせる環境を整え、一人ひとりが生きる力を育む支えになっていきたいと思います。

2017年4月吉日

社会福祉法人 三和会
幸袋こども園
園長 村島 京子

入園について

当園にご興味がある方は、お気軽にお問合せください。
見学はいつでも受け付けております。
転入や一時預かりなども、随時受け入れを行っておりますので、
お気軽にご相談ください!

康和会リンク集 採用情報