こども園日記

2023.01.30更新

22-2月

投稿者: 社会福祉法人三和会

2022.12.30更新

もうすぐお正月

幸袋こども園でもお正月を迎える準備が始まりましたnico

餅22-1

ゆめぐみ(5歳児)のお友達が前日にもち米を研ぎました。

餅22-2

なかなか上手い手つきですgya

もち米は一晩水につけておきました。

餅22-3

今年のお餅は、さつまいも入りnote

餅22-3

せいろにもち米とさつまいもを入れます。

餅22-5

かまどの番も もちろん、ゆめぐみの役割

慣れたものでしょう?

餅22-6

さあ、いよいよお餅つきです。

ひと臼目は先生たちがつきました。気合の入った幸袋こども園3人衆glitter2

餅22-7

最初のお餅は、鏡餅にglitter

餅22-8

次は子どもたちの出番です!

餅22-9

ぺったん ぺったんnote

頑張るゆめぐみに小さなお友達からも歓声が起こります。

餅22-9

 仕上げは先生たちgya

餅22-11

蒸しあがった芋入りおこわ

餅22-12

つきたてきな粉餅を美味しくいただきました。

餅12-13

 

そして…クリスマス寒波snow

子どもたち待望の雪が降りました!

雪22-1

雪合戦に雪だるまつくり

雪22-2

そりあそびnote2

冬を満喫しました。

雪22-3

お正月を迎える準備も整いました。

鏡餅22-1

今年も1年ありがとうございました。

来年も子どもたちの笑顔あふれる明るい年になりますように!

どうぞ良い年をお迎えください。行く年来る年22

投稿者: 社会福祉法人三和会

2022.12.28更新

2022年度1月

投稿者: 社会福祉法人三和会

2022.12.28更新

保護者会主催の観劇会に、劇団風の子九州のみなさんが来園しました。

風22-1

楽しいお話やマジックショーgya

風22-2

子ども達は応援したり、拍手をしたりと大喜びihi

風22-3

 蛇腹に折った紙を使ってのパフォーマンスnote2

風22-4

「ねずみのよめいり」ですmouse

風22-5

風22-6

役者さんと人形のコンビネーションがとても楽しく、見入っいますglitter2

風22-7

風22-8

コロナ禍と言う事で、役者さんと距離をとって座席を設定したり、2回公演にして下さったりと色々ご配慮下さった劇団風の子九州のみなさん。

風22-9

子どもたちに是非楽しい劇を見せたいと、主催して下さった保護者のみなさま

「ありがとう」ございましたheart3

 

投稿者: 社会福祉法人三和会

2022.12.24更新

今年もゆめぐみ(5歳児)のお友達が、JA女性部の皆さんのご協力で、こども園のみんなが給食で食べる味噌を作りました。

最初に麹と塩をよく混ぜます。麹って温かいねnico

みそ22-1

給食の先生が茹でてくれた大豆を丁寧に潰します。

この中には、ゆめぐみが畑で育てて収穫した大豆も入っています。 

みそ22-2

潰した大豆を麹と塩の入ったたらいに入れて

みそ22-3

大豆のゆで汁を混ぜたら

みそ22-4

子どもたちの得意なお団子作りですihi

みそ22-5

おおきな団子に小さな団子glitter2

みそ22-6

出来た団子は空気を抜くために、「えいっ!」と樽の中に投げ込みます。

みそ22-7

こうして味噌を仕込み、夏まで寝かせます。

味噌作りを教えて下さった「味噌つくりの先生」に子どもたちから歌のプレゼントnote

みそ22-8

そして、夏の梅干しつくりから味噌作りまで教えて頂いた感謝の気持ちを込めて作品も作りました。

みそ22-9

ありがとうございました。

このお味噌が食べられる頃には、小学1年生になるゆめぐみのお友達です。

みそ22-10

 

投稿者: 社会福祉法人三和会

2022.12.01更新

6月に植えたさつまいも。楽しみにしていた芋掘りの日ですgya

でも...何だか畑の様子がおかしい...

畑のお世話をして下さっていた地域の方から、「畑に柵を作ったり、罠をしかけたりしましたが、イノシシが食べてしまいました」とお話がありました。

「でも、少しは残っているかも...」と子どもたちはやる気満々でお芋探しを始めました。まるで宝探しのようです!

芋掘り22-1

ツルを引っ張ってみたり

芋掘り22-2

畑の土を掘ってみたり・・・すると

芋掘り22-4

「あったよ!」お宝発見glitter

芋掘り22-3

「ほら、こっちにも!」

芋掘り22-5

さすが子どもたち。イノシシが見つけられなかったお芋を次々に見つけますnico

芋掘り22-7

最後は、畑をきれいにしましょう、とツルも集めました。

芋掘り22-8

見つけたお宝glitter2

これでも子どもたちは大喜び!

芋掘り22-9

畑のお世話をして下さった地域の方から、お芋の代わりにと畑で採れたイチジクを頂きました。

このイチジクは子ども園に帰って、給食の先生がコンポートにしてくれましたihi

芋掘り22-10

長い間、イノシシと闘いながら畑のお世話をして下さった地域の方。

本当にありがとうございました。

芋掘り22-11

感謝の気持ちを胸に、畑を後にしました。きっとこの地域のイノシシは丸々と太っているはずいのしし

芋掘り22-12

 ところが

芋畑の事を聞きつけた園児のおばあちゃんが、お芋を下さったんですgya

芋掘り22-14

こんなにたくさんglitter

芋掘り22-13

さっそくお芋パーティーの準備が始まりました。

お芋をきれいに洗っているのはそら・にじぐみ(4歳児)

芋掘り22-15

包丁で端っこを切っているのはゆめぐみ(5歳児)

あれっ?このお芋は...そうです。子どもたちが掘った畑のお芋も大切に切りましたheart3

芋掘り22-15

そして、せいろで蒸すお手伝いはもちろんゆめぐみ(5歳児)の役割ですnico

芋掘り22-17

美味しいお芋が出来たよ!

芋掘り22-18

みんなでおやつに頂きました。

芋掘り22-19

畑のお世話をしてくださった地域の方々、お芋をくださったお家の方。

そして、子どもたちの笑顔!

全部全部子ども園の宝物ですglitter3

投稿者: 社会福祉法人三和会

2022.11.28更新

22-12月

投稿者: 社会福祉法人三和会

2022.11.20更新

飯塚市教育文化振興振興事業団の「出前講座」で、パーカッションパフォーマンス アンサンブル「CiLi」のみなさんに来ていただきましたnote

出前22-1

2メートル以上あるマリンバ(木琴)全体を2人で5本のマレット(木琴を弾くバチ)を使って演奏してくださいましたgya

片手に3本以上のマレットを持つこともあるそうです!

出前22-2

マレットは何十種類もあり、大きさや素材が違うと音が違うそうです。子どもたちも興味津々。

出前22-3

打楽器と歌で「はらぺこ あおむし」の絵本の読み聞かせですihi

出前22-4

素敵なパフォーマンスに、子どもたちは釘付けglitter

出前22-5

あおむしちょうちょになると思わず手が動きました。

出前22-6

次はボディーパーカッションです。

身体も打楽器になるんですねgya

出前22-7

子どもたちも一緒に、身体をたたいたり、ダンスをしたりnote2

先生もノリノリですgya

出前22-9

「何の音でしょう?」クイズ!note2

見たことのない楽器で色々な音を表現できる不思議や驚きがいっぱい詰まっていましたstar

出前22-10

最後は、子どもたちの好きなアニメの曲も演奏して下さり、あっという間の演奏会でした。

出前22-11

打楽器の面白さと、エネルギッシュなパフォーマンスglitter

本物に触れる貴重な体験でした。

投稿者: 社会福祉法人三和会

2022.11.19更新

たいよう・ひかりぐみ(3歳児)のお友達は、筑豊緑地公園へバスハイクです。

公園はコスモスが咲き

緑地22-1

紅葉も見頃で、秋の自然が一杯!

緑地22-2

芝生広場を元気に駆け回りましたnote2

緑地22-3

芝生は寝ても気持ち良いheart3

緑地22-4

子どもたちはコロコロと転がり始めます。

緑地22-5

「先生もころがしちゃえ~

緑地22-6

「先生、こんな葉っぱ見つけたよ!」

緑地22-7

「こんなのもあったよ!」

緑地22-8

子どもたちは、秋の実りを拾い始めましたgya

「どんぐりみっけ!」glitter

緑地22-9

「ほら、こんなにたくさん見つけたよ!」

緑地22-10

今日の収穫は、秋の実りとたくさんのお土産話ですnico

投稿者: 社会福祉法人三和会

2022.11.19更新

ゆめぐみ(5歳児)そら・にじぐみ(4歳児)のお友達が「いとうづの森公園」にバスハイクに行きました。

森22-1

「もりのいりぐち」で記念写真nico

森22-2

さっそく、フクロテナガザルが歓迎してくれました。

でも子どもたちは、大きな声にちょっとビックリ!

森22-3

「キリンさん!」

「キリンさんの模様は、水玉じゃないんだね~」

森22-4

「うゎ~!ライオン。毛がふさふさ」と、大興奮。

森22-5

そして雌ライオンは、ガラスのすぐ側にgya

目の前でライオンを見るのは初めて!ちょっと怖いけど負けずに「ガオー!」

森22-6

大きな大きなぞうさんは、長~い鼻で上手にえさをキャッチしてくれました。

森22-7

「背中に乗れそう…」子どもたちのつぶやきが聞こえてきます。

森22-8

ヤギのえさやりにも挑戦。

柵の間から、首を伸ばして迫ってくるヤギにドキドキしながら、恐る恐る手を伸ばして…

パクッ!「手も食べられるかと思った~ehe

森22-9

ゆめぐみ(5歳児)はお家の方に作ってもらった愛情たっぷりのお弁当を頂きました。

森22-11

こども園に戻っても動物たちの話題でもちきりの子どもたち。

こんな作品が出来上がりました。

森22-12

同じ生き物でもこんなに大きさも姿もちがうことを感じ、それを大切に思う心が育っているようですheart3

投稿者: 社会福祉法人三和会

前へ
康和会リンク集 採用情報