こども園日記

2020.09.05更新

ここは、こども園駐車場横の公園。

子どもたちが何かをのぞき込んでいます(・・?

スイカ20-1

その目線の先には… なんと、スイカ!

スイカ20-2

このスイカは、春にスイカの芽が出ているのを見つけた地域のおじいちゃんが、「実がなったら子どもたちに見せよう!」と育ててくれたものgya

スイカ20-3

それにしても、このスイカ…なぜこんな所に?

もしかしたら…

 

幸袋こども園では毎年、みんな集まってスイカ割をしていました。

そしてみんなで、割れたスイカを食べるのが恒例行事。

今の駐車場は、まさしく昨年までスイカ割をしていた旧園舎の園庭です!

今年は密集を避けるため中止しましたが、きっとあの時のスイカの種だgya

スイカ20-14

(一昨年のスイカ割の様子)

 

 ほら!フェンスの下!スイカのつるの根元には、旧園舎の玄関先に咲いていたサマーポインセチアも咲いています!

スイカ20-5

大喜びで収穫!

先生のお顔よりも大きいねnico

スイカ20-6

「スイカの芽をみつけて、育ててくれた地域のおじいちゃんにお礼を言いたい!」と子どもたちの発案で、お宅を訪ねて「ありがとう」を伝えました。

スイカ20-7

スイカは園に持ち帰り、冷やした後、給食の先生が切ってくれました。

中は真っ赤でちょうど食べごろheart3

スイカ20-9

1つのスイカを、こんな風に切り分けてくれるなんて、すごい!

さすがプロの技ですglitter

スイカ20-10

おやつに美味しくいただきました。

スイカ20-11

「おかわり!」と元気な声のする中、種をティッシュに包む様子もihi

「家に帰って種を植える!」

来年の春、芽がでると良いですねnote2

スイカ20-12

話を聞いた新聞社も、取材に訪れ、新聞にも掲載されました。

スイカ20-13

(令和2年9月4日 西日本新聞 朝刊)

 

小さなスイカの芽から始まった、地域のおじいちゃんとのご縁。

長い間子どもたちが育ってきた旧園舎との繋がりや、植物の生命力を感じつつ、

子どもたちを見守る優しいまなざしが、この地域にはたくさんあることに改めて感謝です。

これからも、幸袋こども園をどうぞよろしくお願いします。スイカ20-15

投稿者: 社会福祉法人三和会

2020.09.05更新

今年の夏は、コロナと厳しい暑さでexplosion大変な夏でしたが、子どもたちは変わらず元気です‼

外ではマスクを外して元気に駆け回り

夏20-1

年長さんは竹馬にも挑戦!

木陰が心地よく、いつの間にか集まってきますnico

夏20-2

おうちの方と一緒にできなかった夏祭りnamida

でも、子どもたちが考えて、準備をして楽しみました!ihi

魚釣りや

夏20-3

 輪投げゲーム

夏20-4

 ヨーヨーすくい。年長さんは全て手作りですglitter2

夏20-5

大好きな泥んこ遊びでは、みんな真っ黒?まっ茶色?ですgya

夏20-7

 

夏20-6

水鉄砲も楽しかったねheart3

夏20-8

そして、もちろんプールに水遊びもglitter

夏20-9

小さいお友達も、水が大好きheart3

夏20-10

 

夏20-11

 

夏20-12

プール納めでは、ひと夏楽しませてくれたプールを、「ありがとう」の気持ちを込めてきれいにお掃除glitter

夏20-13

コロナ禍で出来ないことばかり…ではなく

出来ることを楽しもう!と前向きに頑張っていますnote2

投稿者: 社会福祉法人三和会

康和会リンク集 採用情報